スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーランドロップたちのごはんについて


基本的な食餌は下記のような種類です。

●ペレット
チモシーやアルファルファなどの牧草を主原料とした粒状のフードです。
繊維質や栄養価も高いので、生後半年を越えてうさぎさんが成体となるまでは、必ず毎日あげるようにしてください。
高栄養なので、成体になってからはあげ過ぎが肥満の原因にもなりますので、1度の食餌のうち5%程度をペレットにしてあげてください。

●牧草
うさぎに欠かせないのが牧草です。
種類は、
 ・チモシー(イネ科)
 ・オーツヘイ(イネ科:麦なので実は食べさせないことを推奨)
 ・アルファルファ(マメ科)
などがあり、それぞれの牧草の刈り取り時期である「1番刈り」「2番刈り」によって、やわらかさも変わってきます(食感が変わるということ)

【チモシー】
イネ科の牧草で、うさぎ飼育には必須である「低タンパク・低カルシウム・高繊維質」の牧草です。
国内産も多く、市場に流通している量も多いので、安易に手に入ります。
これはうさぎさんにとって食べ放題OKで安全な牧草です。ケージ内に常備してあげてください。

【オーツヘイ】
他の牧草に比較すると、消化しにくい繊維質を多く含んでいます。
それによって、太り気味になってしまったうさぎさんに向いているのですが、ペレット・チモシーと組み合わせてカロリーバランスをとりながらあげるのもいいかもしれません。

【アルファルファ】
マメ科であるため、イネ科の牧草に比較するとカロリー・タンパク質・カルシウムの含有量が高い牧草です。
これもペレット同様に、生後半年程度まではチモシーに混ぜてあげるといいようです。
ですがお腹にガスを溜めやすくなってしまうので、成体のメインの食餌とはしないほうが無難な牧草です。
ただし、ものは使いようで、食が細くなったときなどにあげて、徐々にチモシーに戻す・・・など、食いつきのよさをきっかけにして食餌管理をするのもいいと思います。

【刈り取り時期】
これは刈り取られた時期による違いです。

■一番刈りは、まだ若いうちに刈り取られた青々しく新鮮な牧草です。 成分は繊維質67.4%以下、カルシウムは0.32%以下。 繊維が豊富で歯ごたえがあるそうです。

■二番刈りは、一番刈りの状態より成長した牧草です。 成分は繊維質49.97%以下、カルシウムは0.8%以下。一番刈りより香りがよいです。二番刈りがうさぎにとっても最適であるという説は、1番刈りよりも多少葉や茎が柔らかめになり好まれることも多いところから来ているようです。

■三番刈りは、穂ができる前に刈り取られた牧草です。成分は繊維質47.8%以下、カルシウムは0.3%前後。カロリーが高い傾向があります。茎が細く葉が大部分を占めることから全体的にやわらかく、赤ちゃんや老齢のうさぎには非常に食べやすいそうです。ただし流通量も少ないので手に入りにくい牧草でもあります。

★牧草選びのポイント
うさぎは低タンパク・低カルシウム・高繊維質が必須の動物です。
刈取り時期の数字が上がるほど、高カロリー・高タンパク・低繊維質と覚えてください。
うさぎの年齢や成長ステージに合わせて色々な牧草を組み合わせていくのがベターです。

【野菜・果物など】
オヤツなどであげていい種類はリンゴなどの果物・ダイコンの葉・ニンジン・レタス・小松菜・チンゲンサイ・など。
バナナは高カロリーであると同時に嗜好性が強く、ペレットや牧草などを食べなくなる可能性があるので、ほんのたまーにご褒美としてあげてください^^
そのほか、タンポポの葉・はこべなどの野草。

!!!!! あげてはいけない食べ物 !!!!!
タマネギ・ネギ・ニンニク・ジャガイモ・サツマイモ・アサガオ・シクラメン・ワラビ・ そして重要なのが人間の食べ物は絶対にあげてはいけません。


【飲料水について】
水道水でかまいません。毎日取り替えて新鮮なお水を準備してあげてください・・・って人間と一緒の当たり前のことを書いてしまいました^^;すみません。

なお、参考程度に・・・
取水元(水道水の水源)の水質によって、水に含まれるカルシウム・マグネシウムの含有量に開きがあります。
これにより、地方自治体ごとにお水の硬度などの差が出ます。
とはいえ、日本の水は地中滞留の時間が欧米などに比較して短いそうで、比較的軟水のところが多いです。
気にする方もいらっしゃるようですが、下手にミネラルウォーターをあげるよりも安全で健康であることを覚えておいてください。
スポンサーサイト

| うさぎの里親募集ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。